太陽光発電システムの調査

太陽光発電システムを設置する前に、まずは太陽電池モジュールを設置する屋根について調べましょう。

業者が調査を行ないますので、その調査結果に注意しておきましょう。業者を選びには、『太陽光発電比較探検隊|太陽光発電量をメーカー別に徹底比較』が便利です。

特に太陽光発電システムを屋根に設置する場合、屋根の面積や形状、方位や傾斜等といった要素が発電量に影響することになります。

もしも皆さんが太陽光発電システムを設置する場合、その際に自宅の設計図面等があれば、用意しておくといいでしょう。

さらに、周りに高層建築物や樹木等、太陽の光を遮るものがないかどうかも見ておきます。

それらを見極めた上で、いよいよ太陽光発電システムを屋根に設置します。

その際には、概ね以下のような手順で太陽光発電システムを設置することになります。

屋根に太陽電池モジュールを設置するための架台を取り付けます。

そうして設置した架台の上に、いよいよ太陽電池モジュールを取り付けます。

太陽電池モジュールの設置が完了します。

太陽光発電とオール電化と併用する太陽電池で発電した直流の電気を、電力会社と同じ交流の電気に変換する「パワーコンディショナ」と呼ばれる装置を取り付けます。

そして、太陽光発電による発電量や環境低減効果を表示する「モニター」と呼ばれる装置を取り付けます。